しっかり比較しておこう!→品川区内 引越し 料金 相場

ソルトルアーフィッシングが趣味の私がこの前の引越しの際に最も気を使う事となったのはもちろん、これまで愛用してきた10数本のロッドや20台近いリールの収納と運送。

釣り竿1
いずれも大変デリケートな道具ですから、ちょっとした振動やショックで破損が生じるかも知れず、気にせずにはいられません。ですから引越し準備の際には家具よりもまずこれらの梱包から真っ先に取り掛かった位です。
リールは正規の外箱に緩衝材と共に仕舞いさえすればそれ程心配は無かったものの、やはり気を使ったのは折れ易いロッドの梱包。最近のロッドは新品であってもメーカーのコスト削減理由によりハードタイプの外箱が付属しておらず、ソフトケースのみというパターンが非常に多いのです。それゆえ引越し時には自ら緩衝用のハードケースを自作して準備しなければなりません。
その際大変参考になったのは中古ショップへの買取査定の際に運送するやり方。ホームセンターで売られている丈夫な紙製のボイド管を適当な長さにカットし、その中にロッドを入れて緩衝材と共に蓋をする、という梱包法です。
これを参考に幾つかのボイド管を購入し、1本のボイド管につき2、3本のロッドを収納、これを他の家具と共に自らレンタルしたトラックに積んで慎重に運んだのです。
おかげで全てのロッドが無事に引越し先に届き、トラブル無く引越しを完了させる事が出来ました。