» 2015 » 10月のブログ記事

4ea0b444d58381fc80916b8f3d46b8e9_s

引越しの梱包作業しているときに困るのは、部屋に飾ってあるものです。小さな物であれば割れないようにクッション性の良い素材の上に並べていけば良いのですが、ある程度のサイズがあるものは段ボール箱に納めることが難しいのです。

このようなものに関しては破損しないように、プチプチシートでくるんだりするのですが、結局はトラックの中に積み込む場合に、中で揺れて破損しないように固定しなければいけません。

規格外の作業を引越し業者にやらせるとなれば、追加料金となってしまう可能性があります。このような、特大サイズのオブジェがいっぱい並んでいるような場合には、引越し作業をするかなり前の段階から、安全に移動できるような手段を考えるべきです。

できれば、引越しの作業とは別にその破損しやすいものだけを予想するような考え方をすることが有効なのです。もしくは、マイカーにそのオブジェだけを入れて移動するなどの段取りが必要になってきます。

そんな事があるため、最終的にとても大事なもので無い場合は、早めにリサイクルショップなどで処分するという考え方も有効なのです。引越の作業をしてるときには、やる事が沢山あり効率アップを狙っていくので、このような移動しにくいものはとても厄介なのです。

大型家電の引越しで困らないために→大型家電 引越し

f487277e5e0e9bf9df8330b6d328b41b_s

引越しを予定してるときには、何社もの引越し業者に見積もりの依頼をしますが、ここでポイントになってくるのは多くの引越し業者にいつも依頼をするのではなく、最終的に数社の引越し業者まで絞り込んでから見積もりを依頼することです。

大手の引越し業者と、地元で有名な引越し業者あたりが良い選択になりますが、最安値で引越しの仕事を承る業者は、CMなどで話題になっていない業者である可能性があります。

つまり、始めて聞くような引越し業者であっても良いサービスと価格である可能性があります。このあたりの情報をチェックするためにも、引越し関連の情報が掲載されている掲示板などを覗いてみることが大事です。

全国チェーンの引越し業者である場合は、ある程度の価格相場が決まっておりどのような場合においてもその価格が基準になります。

しかし、地元の引越し業者の場合はある程度お客さんの融通を聞いてくれる可能性があります。それと、大手の引越し業者が算出した見積もりから、大幅に値引きをして仕事を承ってもらえる可能性があります。

現場に入るスタッフの人数が苦無くなる可能性が高いので、仕事のスピードは遅くなってしまいますが、引越し費用が相当に安くなる可能性があるのです。