» 2015 » 11月のブログ記事

be2edb9f62264e37eb0048024992b8db_s

マンション 引越しでのチェックポイントは?

引越しの時に使う梱包材などは、引越し業者が全て無料で提供してもらいます。これはどの引越し業者でも全て同じサービスをしているので、業者を選ぶ時の指標にはなりにくいのです。

しかし、地元の引越を専門にしてないような運送業者の場合だと、これらの梱包材をサービス提供することがないため、その様な業者と比べるのであればとてもエリートを感じられるかもしれないのです。

ただ、段ボール箱や梱包テープなどは、価格が非常に安かったり、大手の家電量販店やスーパーなどで段ボール箱を調達することが可能になるので、前もってこれらの作業ができる人なら、高い業者を選ぶメリットとしてはあまり考慮に入れていないはずです。

そして、もう一つのポイントは大手の引越し業者は、全てのスタッフが熟練度が高いのに対して、地元の運送業者などに関しては少ない人数で現場に入ることと、作業スピードがそれほど早くないと言うことがあります。

そのあたりの違いが気になるようであれば、専門の引越し業者に依頼した方が満足度が高くなるし、作業の段取りが今ひとつであったとしても、引越し先で必要になるものが傷をつけずに全て移動することが完了できれば、許容できるのであれば、安い運送業者がベストだと言えます。

ee36f856c5ad00f33dfc55b193c7435c_s

引越しの当日までには冷蔵庫の中身を空っぽにすることが大事です。冷蔵庫の中身が入ってる状態で引越し作業をすると、無駄に重い物を移動するようになるので作業の疲労度が高まってしまいます。

そして、冷蔵庫は電源をオフにすると冷凍庫に固まっている霜が溶け始めて水浸しになってしまいます。このような状態で引越し作業をすると、移動する際にもトラックの中でも水浸し状態のままになってしまうのです。

これらを回避するためにも、引越の前日前あたりには電源を抜いてしまい、ふたを開けて換気をするようにします。このような状態にするために、前もって冷蔵庫の中身をチェックしていき、買い物の量を減らしていくのです。

その様な状況になるため、引越しの数日前には自宅で食事を作ることが困難になります。数日間は外食をすることにして、食材を買い込まないように気をつけることです。

そして、引越し先においても最初の段階で食材を大量に詰め込むのではなく、家の中にある物を全て荷ほどきが終わって落ち着いてから食材などを買いに行くのです。

荷ほどきをせずに後まわしにしていると、いつまでも段ボール箱に入った状態になってしまう可能性があるため、引越が終われば物が少ない状態の段階で荷ほどきを終えてしまうのです。

428781f4f4bd212233c681644a49c6a6_s

引越し業者を選定するときには、その引越し業者の実績などを重視する事が大事です。全国チェーンで展開している有名な引越し業者に関しては、疑う必要は無いですが、その地域に根付いた引越し業者があります。

その業者を利用した人が満足してるかどうかを、ネットの情報などによって調べるのです。そして大手の引越し業者と比べて、価格やサービスの内容などどれくらいの差があるかを確認していくことによって、お得な引越し業者であるのかどうかが分かってくるのです。

最近は、格安の引越し業者というのがいくつも出てきており、ベテランの引越しスタッフと、日雇いアルバイトのような仕事が全く分からないスタッフが2人で来ることがあります。

大手の引越し業者なら、5人程度で作業にかかるような内容を2人でするのですからそれ相当に時間がかかるのです。

これも引越し費用に関係してくるので、作業が遅くてもそれを許容する必要があるのです。引越しを想定している日の日暮れまでには全ての引越し作業が終われば、それなりに満足であると考えるべきです。

場合によっては、大手の引越し業者の半額以下になる場合もあるので、作業効率に関しては大目に見てトータルで考えると満足度は高くなるはずなのです。

引越し料金について→引越し見積もり単身パック

434107de3f46157aa5cfb58825d2d151_s

引越し業者には、定額制で引越しを承っている業者があります。ある程度の地区を限定し、その地区内の引越しであれば、価格上限を提示して、その価格以内に抑えるサービスをしているのです。

引越しを依頼する側にとっては、最大でいくらの費用になるかが最初に分かっているので、思ったよりも引越し費用が高くなってしまったという状況を回避することが可能になるのです。

そんな事があるので、安く引越し業者を探したい人には人気となっているのです。ただ、ポイントになるのは、見積もり不要ですぐに現場に入ってくれるようなのですが、そのために、電話である程度の見積もりをした量よりも、引越しの家財道具が多い可能性があります。

引越し業者は、現場にできるだけ小さなトラックで入りたいと考えるのですが、その小さいトラックの荷台に入らなければ問題となってしまいます。そのあたりのトラブルの可能性があるため、リーズナブルな価格設定をしている引越し業者を利用するときには、注意する必要が有るのです。

引越し業者はライバルサイトに負けないような価格を提示してくる業者が多いですが、価格だけで引越し業者を決めるのではなくサービス内容や、これまでの実績なども考慮してトラブルにならないように考慮する必要があります。