» 2016 » 12月のブログ記事

自前で引越しするときには、トラックに荷物を積みこむときの順番に注意することが大事です。

トラックは最初に積みこんだ荷物を下ろすのは最後になってしまいます。つまり、最初に積みこむのは引越し先で最後に下ろすものと言うことになります。

そのあたりを考慮していくと、部屋の奥に持っていく道具をトラックの最後に積みこんだ方が効率が良くなります。

7de58a73787bf59ef2cbede4656df342_s
トラックの後ろに部屋の手前に置く荷物を入れてしまうと、大きな道具を移動する際に手前にある荷物が邪魔になってしまいます。通路を開けるために部屋の隅に移動する考え方もありますが、二度手間となってしまうのでトラックに積みこむときの段取りをよく考えることが大事です。

単身パック 時間帯について

最初に、最も部屋の奥にある荷物を下ろしていき、最終的に玄関口付近の荷物を下ろすようにするのです。この方法で段取り良く作業をすることが最も重要となります。

そして、自分だけでなく多くの人が段ボール箱の中身を分かるように、マジックでしっかりと中身を変えておく事が大事です。そして部屋のどこに置く物であるのか明記しておけば、誰が見てもスムーズに移動することが可能となるはずです。

このあたりの、後で問題になりそうな部分を最初から想定しておけば、スムーズな引越しができます。

引越し費用を抑えるために、自前で全ての引越し作業を終わらせることは良い対策となります。しかし、多くの時間を費やす事になるので引越しを予定している課題前の段階から対策を始めることが重要です。
タンス
特に、段ボール箱に梱包するような作業はかなり多いので段階を踏まえて作業をやっていくことが重要になります。タンスに入っているものをそのままの状態で移動するのは困難なので、引き出しの中身を取り出す対策が必要となります。

もしくは、引き出しに入ってるものを引き出しごと移動していく方法もありますが、トラックに積載する際に引き出しが動かないより固定する方法であったり、それぞれ移動の際に破損させないようにするための対策を考える必要があります。

全てをコンパクトにまとめていけば引越し当日にとても楽になるのですが、全てのものが段ボール箱に入ってしまおうと、今度は戻すときの作業が多くなります。

このあたりの作業効率を考えて段取り良く対策を考える必要があります。ゴミ袋に適当なものを全て詰め込んで移動してしまうと、引越し先で仕分け作業の時間が多くなります。その為、今後も使うか分からない微妙なものは捨ててしまうという考え方が必要となってくるのです。